<   2014年 08月 ( 16 )   > この月の画像一覧

秋への序章のバラ、とお休みのお知らせ


季節は移ろい、あっという間に秋、、
そんな移ろいが好き、、

このバラのタイトルは、秋への序章、、
雰囲気出てるかな、、、
a0231227_15275240.jpg


さてさて、、
 ホームページでもお知らせしておりますが、

 都合により、 9月の前半はお休みさせていただきます、
こんなお休みサインを貼付けております、、ショップのシャッターに、、(笑)
a0231227_15321887.jpg


秋のすがすがしい大気に包まれて
ショップ再開、皆様に再会、できるのを楽しみにしています!
[PR]

by fioletta | 2014-08-27 15:38 | Comments(0)

茶色の開いたバラと白い平たいバラ


 茶色の開いたバラ、 ちょっと前に作った方がいらっしゃいました、、、
そう、、それを見て作りたい! って今日の作品に繋がりました♪
そんな動機もすてきです♪

もうひとつの、、白い平たいバラ、
こちらはショップに置いてあるシンプルな平たいバラ、
中心がその時の成り行き任せで、、、(笑)
どんなふうになるか、、お楽しみ♪

型紙を写すところからスタートです
a0231227_14472844.jpg


まずは花弁のフチにおコテを当てて、、
a0231227_14485971.jpg


こちらもフチにおコテ、、
a0231227_14495192.jpg


皆さんがコテを当てている間に、
私は白バラの中心に持って来る素材をあれこれ準備します
a0231227_14512090.jpg


玉ゴテで花弁を緩やかな曲面にします
a0231227_14523923.jpg


おコテ当てが終わったら、、いよいよ、中心を選びます、、
花弁を重ねて、、雰囲気を見ながら、、、
良い感じにできそうです♪
a0231227_1453501.jpg


中心が組めたら、さっそく花弁を組んでいきましょう
a0231227_14544694.jpg


ひとつめ、完成しました♪
清楚で優雅な雰囲気です、、花嫁さんにもいいかも、、って
大盛り上がり♪
a0231227_14551451.jpg


もうひとつは、、こちら、
ちょっと色を入れてみました、
また違ったニュアンスで、、ヘッドドレスにしてもすてきかも!
a0231227_14573741.jpg


あれこれ組み合わせて自由に作る、、
こんなクリエーションもフィオレッタならではです♪

さて、茶色の開いたバラ、、
ほんのちょっと秋を意識して、、
前回の作品より茶色を強くしてみました、
中心の花弁は思いっきりクリクリさせて、、、
a0231227_1511067.jpg


中心のペップ、色と大きさ、形、、組み合わせ方、、
どんな感じにしようか、、って考えるのも楽しい♪
a0231227_1533179.jpg


中心のペップが出来たら
花弁を上げて、組んでいきましょう、、
写真がボケてる、、ああ、、
a0231227_155513.jpg


奮闘の甲斐あって、完成です!
秋口のセーターや薄手のコートなんかに似合いそう♪
a0231227_1561627.jpg


組み手が違えば出来上がるお花も違う、
そこがおもしろいところです♪
それぞれのお花にはそれぞれの思いが込められているはず、、
自分の手の中で生まれて来る美しい花たち、、
これほど愛おしいものはありません♪
[PR]

by fioletta | 2014-08-27 15:15 | Comments(0)

ボビンレース、初挑戦♪


 ボビンレースはまったく初めて、、
とにかく興味津々、、行く行くは衿なんか編んでみたい、、

そんな想いを抱く方は多いのではないでしょうか、、
でもどこで教えてくれるのか、、とくにお仕事が不定休、
という方はきちっとした曜日時間が設定されている
カルチャーセンターなんかは無理だし、、

そんな方は、ぜひ、フィオレッタへどうぞ♪
レッスン日はその都度予約して決めていただけます、

さて、今日いらして下さった方は、
まさにそんな状況だったのです、
ようこそフィオレッタへ♪

さっそく、ボビンに糸を巻くところからスタート、
ただ巻けば良い、ってもんじゃないんです、(笑)
a0231227_12393825.jpg


ピンを立てて、ボビンの糸をかけていきます、
a0231227_13103886.jpg


どんどんペア数を増やして行き、
編み始めます、 最初は平織りから♪
a0231227_13114619.jpg


平織りの要領が飲み込めたら、後半は綾織りに続けて織ります、
a0231227_1312767.jpg


最後まで行ったら、始末をして、
ピンを抜きましょう、 ただの平織りと綾織り、、
でも自分で初めて編んだボビンレース、
わあ〜出来た! 嬉しい!  感激の一瞬です♪
a0231227_13132815.jpg


少し時間が余っていたので、、
編み方を変えると、、穴を開けることができますよ、
というのを教えていただきました♪
a0231227_13174448.jpg


ボビンレースって不思議です、
お隣同士のボビンを右交差か左交差にする、
たったその二種類しか無いのに、、
あんなに複雑な美しいレースができるなんて、、

少しずつでも息長く続けていただけると嬉しいな、
夢に少しずつ近づいて行くようでワクワク♪
[PR]

by fioletta | 2014-08-27 13:23 | Comments(0)

茶色の開いたバラと黒の大輪バラ


 中心にペップを使った茶色の平たいバラ、

 黒い花弁、それも少しずつニュアンスの違う花弁を
ぜいたくに使った大輪のバラ、

 どちらも作りがいのある、、大作になりそう、、

茶色と言っても、薄茶色、、
 夏の終わり、秋口にもさりげなく着けられそう、、
フチにおコテを当てるところからスタート♪
a0231227_11272884.jpg


平たいバラなので、玉ゴテはさらっと当てておきます、
中心に持って来るペップを選んで、、ワイヤーで留め着ける、
このペップの表情がモノを言います、 しっかり作りたい♪
a0231227_11382413.jpg


上からお花の顔を見ながら組んでいきます、
a0231227_11414089.jpg


出来上がり! 
 軽やかで動きがあって、、でも大げさにならず、、
普段に楽しめそう♪
a0231227_11434958.jpg



さて、方や大輪の黒バラ、、
材料を確認して、、おコテ当てにかかりましょう
a0231227_11456100.jpg


玉ゴテで花弁の丸みをつけましょう、
中心の花弁と外側の花弁、  出来上がりをイメージして
当て方も変えていきたい、、
a0231227_11442943.jpg


中心をしっかり作って、、スタート良ければすべて良しかも,、(笑)
a0231227_11472375.jpg


花弁を足していきます、
バランスや重なり具合を見ながら
平板にならないように元気よく組んでいきましょう♪
a0231227_11482745.jpg


大詰めにさしかかってます、
もうおしゃべりもせず、、ひたすらバラを組む!
a0231227_1150964.jpg


完成です!
ああ、この達成感! 
a0231227_1154357.jpg


大作を完成させると、グンと力がつきます、自信もつきます、
毎回いろんなことを習得しながら
次の作品作りにつなげていきたいですね♪
[PR]

by fioletta | 2014-08-27 11:57 | Comments(0)

オーソドックスなピンクのバラ

 布花作る人ならこの正統派のバラは一度は作ってみたい、、
いやいや、、何度でも作ってみたい、
何度作っても作り飽きない、、
そんなバラが今日のテーマ、

最初に型紙を写して、、、
a0231227_2222416.jpg


花弁のフチにコテ当て、
a0231227_2221468.jpg


ここで、体験レッスンの方が加わって、、
スミレを作りましょう♪
a0231227_22233259.jpg


ピンクのバラ、玉ゴテを当ててます、
大きめのコテでしっかり形を作ります
a0231227_2225033.jpg


スミレ、、、葉っぱのコテ当て、、
a0231227_22254276.jpg


最後のアレンジ、、
作ってる途中の写真が撮れずじまい、、
お教えするのに手一杯で、、
a0231227_22281088.jpg


リースではなくて、小さなブーケに組んでみました、
アンティークのポストカードのようにかわいい!
a0231227_22282312.jpg


さて、ピンクのバラ、 組み始めましょう♪
出だしが肝心!
a0231227_22292962.jpg


組進んで、、
a0231227_22295578.jpg


出来上がり、、
実はここまで来るのに、かなりがんばるのです、
そうこうするうちに、花弁の扱いにも慣れてきて
全体のバランスを見て組み上げることができるようになります♪
a0231227_22332857.jpg


最後の一枚、 すばらしい出来映えです!
a0231227_11215493.jpg


つぼみから大きめのバラまで、組み方をマスターすれば
後は自在にのびのびと変化をつけていきましょう♪
バラ作りはほんとうに楽しめます♪
[PR]

by fioletta | 2014-08-26 22:42 | Comments(0)

ガーベラ


 ガーベラ、、はっきりと大胆な表情を見せるお花、

 今日はそのガーベラを作りましょう、
ポイントは、、、中心に使う、”しろも”、
しつけに使う白い糸、です

まず、花弁を軽く貼り合わせます、
細長い花弁がたくさんあるときは
半分ずつ貼り合わせると失敗無くいきますよ♪
a0231227_8364272.jpg


花弁が乾くのを待つ間に、
シロモの中心を作ります、 しろも、といっても
今回は染めたものを使います
a0231227_8384127.jpg


ワイヤーで縛って、茎を作り
茎布できれいに巻き降ろします
a0231227_8391818.jpg


ここで、花弁のコテ当て、
おコテを当てると大きさや全体の感じが変わってきます、
a0231227_8404393.jpg


その感じを見ながら
しろもの周りにペップを付けます
a0231227_841359.jpg


中心ができたら、
お花を組みましょう♪
全体のバランスや表情を見ながら組みたい、、、
a0231227_8423914.jpg


出来ました!
a0231227_8442134.jpg


シンプルなお花ですが、とっても存在感があります♪
お帽子やバッグに着けてもすてき!

シロモのテクニックはいろいろ応用が効くので
覚えておくと役に立ちますよ、、
どんなの作ろうか、、想いは膨らみます♪
[PR]

by fioletta | 2014-08-25 08:46 | Comments(0)

ボビンレース教室  ピコ


 先生が持ってきてくださったこちらの衿、

 わ〜〜〜、こんなの出来たらステキ♪
a0231227_2046181.jpg


 みんなが歓声を上げる中、先生の説明が始まります
地の部分を埋めている、四つ組とピコ、今日はこれをやりましょう、
a0231227_20474258.jpg


ピコなんて初めて、、そこで、先生がヒモを使ってデモンストレーション、
片方のヒモを余計にねじって合わせると、、
もう片方が引っ張られて小さな丸ができる、、その原理を使います、
a0231227_20482539.jpg


なんか、わかったような、わからないような、、
とにかく、始めましょう♪
a0231227_20511864.jpg


デザインは違いますが、やり方は同じ、
編めて来ました、
a0231227_20523670.jpg


真ん中が先生、
両方に目を配りながら、適時アドバイスをくださいます、
心強い♪
a0231227_20523516.jpg


コーナーにさしかかってます、あと少し、、がんばれ♪
a0231227_20535688.jpg


できました♪  
a0231227_20551724.jpg


この手法はいろいろなところで使えます、
自分の持ち駒を増やして
複雑な作品も作れるようになりたいですね♪

夢ふくらませながら、少しずつゆっくり進んでいきましょう♪
[PR]

by fioletta | 2014-08-24 21:00 | Comments(0)

ブルーグレーの大輪バラ


 大輪のバラはどんな色でもすばらしいのですが、
今回のリクエストは、、、

 ブルーグレー♪

 季節柄あまり暗くなったりしないように、
爽やかで軽い雰囲気に仕上げたい♪

まずは花弁のフチのコテ当てからスタート、
出来上がりをイメージして、それぞれの花弁に
それぞれの表情をつけたい、
a0231227_21552165.jpg


次に花弁に丸みを付ける、玉ゴテ、
a0231227_21563982.jpg


こんなふうに下の台を左手で支えながら当てると
うまく行きます♪
a0231227_21581086.jpg


組む準備が整ったら、、、
中心から作り始めます、、出だしが肝心、
うまくまとめたい、
a0231227_2158336.jpg


花弁を足して行くと、、
バラらしくなって来ます♪
a0231227_21593085.jpg


さらに花弁を足して、、、表情をうまく作りたい♪
a0231227_2215336.jpg


最後にガクを付けて、、
a0231227_2222869.jpg


完成!
a0231227_2224954.jpg


爽やかで、優雅で、、フォーマルにももちろん使えます♪
ちょっと普段に、という感じではありませんが、
こういう本格的な大きなバラは、ひとつは持っていたい、、、
なんと言っても、心豊で幸せな気分にしてくれます♪
[PR]

by fioletta | 2014-08-21 22:06 | Comments(0)

ベルフラワー 斜茎付き


 ベルフラワー、、その名の通り小さなベルのような形をした
清楚で可憐なお花です、
今日は斜茎を付けてみましょう♪

まず、花弁を貼り合わせます
a0231227_1092374.jpg


花弁が乾くのを待つ間に、、斜茎を作りましょう

斜茎ゴテをテーブルにセットします、
専用のホルダーをしっかり留め付けて、
 グラグラしないように、、
a0231227_10123084.jpg


斜茎針という長めの針で布の先端をひっかけます、
a0231227_1014465.jpg


おコテの2つの穴のうち、大きい方から通して行きます
a0231227_10145482.jpg


できた斜茎を二回目は小さい穴の方に通して
しっかり形をつけます、
やってると、ちょっと楽しくなってきて、、どんどん作ってしまう、、(笑)
a0231227_10154119.jpg


さて、茎ができたら、花弁にコテをあてましょう、
まずは、裏から、、
a0231227_10171861.jpg


次に表から、、このおコテ当てでお花の形を作ります
a0231227_10175062.jpg


長めのペップに薄く茎巻きをして、
お花を組みましょう♪、、ペップの出具合に気をつけて、
a0231227_1019120.jpg


出来上がり♪
斜系のかんじもステキです♪
a0231227_10194772.jpg


素朴で清楚、、お帽子やカゴに着けても
すばらしい雰囲気になりそう♪

それぞれのお花にはそれぞれの持ち味、
どのお花も美しい♪
[PR]

by fioletta | 2014-08-15 10:24 | Comments(0)

赤い花とひまわり、後半

 赤い花に次いで、ヒマワリです♪

今までに作った方たちの感想は、、、
大胆なイメージのお花なので、ダーン!と一気に作り上げるのかと
 思ったら、、意外とちまちました作業が多いんですね、、

お花作りにちまちました作業は欠かせません、
でも、組み上げて最後に表情を付けたりする時には
大胆に思い切りよく行きましょう♪

最初に花弁を貼り合わせます、、
a0231227_18142664.jpg


ボンドの付け具合が重要です、
ほどよく、おコテがかかるように、、、
a0231227_18145674.jpg


さて、花弁が乾くのを待つ間に
中心を作りましょう、  濃いめの色でスタートして
ある程度大きくなったらペップを入れて
そこからはグリーンでいきましょう♪
a0231227_18161115.jpg


ペップをうまく入れながら
適度の堅さになるように、、う〜〜〜ん、むずかしい〜
a0231227_1817565.jpg


花弁におコテを当てましょう、
完成した花弁をあてがって、全体の雰囲気を見てみたい♪
a0231227_18202820.jpg


ここからは大胆に、思い切って組んで行きましょう!
a0231227_18215133.jpg


 ガクも付けて、完成です♪
のびのびとした立派なヒマワリができました♪
a0231227_18224591.jpg


ヒマワリ作るなら8月! 
まあ、7月でもいいけど、、やっぱり盛夏の花ですね、
今年の夏はこのヒマワリで行きましょう♪
[PR]

by fioletta | 2014-08-13 18:53 | Comments(0)